VAPERS

喫煙者と非喫煙者が書く電子タバコVAPEのレビューブログです。

おすすめの記事:簡単ビルド&濃厚ミストで入門にも最適!「VANDY VAPE Berserker MTL RTA」レビュー
値段以上!大満足の爆煙系アトマイザー「DEAD RABBIT RDA 24mm」レビュー
VAPEデビューにおすすめな最新定番セット「ピコレボ21700スターターキット」レビュー
お気に入りのRDAをBF(ボトムフィーダー)化して、美味しさと大容量を両立しよう
ビルドに必要な物まとめ。COIL MASTERのツールだけ買っておけば間違いない!
アトマイザーの洗浄・メンテナンス方法
【2017年】2人が選んだ今年吸って美味しかったおすすめリキッド3選!

お気に入りのRDAをBF(ボトムフィーダー)化して、美味しさと大容量を両立しよう

こんにちは。最近アトマイザーがどんどん増えていて使い分けに悩んでいるうぃる(@will09292359)です。

そんなアトマの中でもMaze V4が気に入りすぎて、普段持ち歩くVAPEには必ずと言って良いほどV4を選んでいます。

vapers.hatenablog.com

皆さんも同じように、お気に入りのアトマイザーがあるのではないでしょうか。

それがもしもRDAだったなら、美味しさそのままに大容量化することが可能です。

本日は、RDAの弱点をカバーしてくれるBF化について、お話をさせていただきます。

RDAの長所と短所

Maze V4はRDAと呼ばれる種類のアトマイザーです。

RDAの魅力は主に2つ存在します。

1つは、コットンを交換するだけで、前のリキッドの味や香りを残すことなく新しいリキッドを吸える点。

そしてもう1つは、吸い口からコイルまでの距離が近いことにより、ダイレクトな味と香りを楽しめる点です。

上記のメリットがある反面、タンクが存在しないためリキッドの保持量が少なく、頻繁にリキッドをチャージする必要があります。

自宅ならばドリップチップやトップキャップを外してリキッドを補充しても良いのですが、外出先では少々面倒ですよね。

RDAならではの味のダイレクト感を楽しみつつ、大量のリキッドを保持できたなら…

そんな贅沢な悩みを解決してくれる方法、それがBF化です。

BF(ボトムフィーダー)とは

Bottom Feeder(ボトムフィーダー・以下BF)とは、その名の通りボトム(底)からリキッドを供給する仕組みです。

MOD側にリキッドを保持するボトルを内蔵し、必要に応じてボトルをプッシュすることでRDA側にリキッドを流し込むという構造。

必要な物はBF対応のRDA

そしてSquonker(スコンカー)と呼ばれる、ボトル付きのMODです。

スコンカーMODとBF化したRDAの2つがあれば、美味しさと大容量の両立が可能です。

f:id:hrktksm:20171222041552j:plain

なお、購入したRDAのBF対応に関しては、BF用のピンが付属しているかで判断できます。

実際にBF化する前に、BFのメリットとデメリットの中でも特徴的なポイントをまとめておきます。

BFのメリット

大容量のリキッドを保持できること。これに尽きます。

タンク式のアトマイザーでも保有できるリキッド量は2~4ml程度。

それに対しスコンカーMODのボトルならば7~8mlほどと、タンク式の2倍以上の量を保有できます。

これだけの量ならば1日程度はリキッドチャージ無しで使用できるでしょう。

タンクを超える大容量と、RDAのダイレクト感を楽しめるのはBFならではの魅力ですね。

BFのデメリット

最大のデメリットはメンテナンスの手間が増えることです。

クリアロからRDAに移った人の動機は様々だとは思いますが、メンテナンスが楽なことを理由にした人も多いのではないでしょうか。

しかしBFではスコンカーMODのボトルやチューブも洗う必要があり、部品点数が少ないことによる手軽さが打ち消されてしまいます。

常用したいRDAとリキッドの両方が決まっている人向けのシステムですね。

Maze V4をBF化

それでは、Maze V4をBF化させましょう。

BFピン交換作業

V4に付属していたBFピンを使用します。

f:id:hrktksm:20171222041607j:plain

こちらの金色のパーツですね。

f:id:hrktksm:20171222041618j:plain

通常のコンタクトピンを外してBFピンに差し替え、これだけです。

交換する前にBFピンの仕組みを見てみましょう。

f:id:hrktksm:20171222041636j:plainf:id:hrktksm:20171222041629j:plain
BFピン

底部とピン先端に穴が開いており、この中をリキッドが通ってきます。

f:id:hrktksm:20171222041658j:plain

コンタクトピンはマイナスドライバーで取り外します。

f:id:hrktksm:20171222041706j:plain

BFピンも溝が掘られているので、マイナスドライバーで回せるようになっています。

奥までしっかり締めれば完成。

f:id:hrktksm:20171222041759j:plain

穴の開いたピン先が見えていますね。

この穴からリキッドが供給されます。

ウィッキング

スコンカーMODのボトルにリキッドをチャージし、BF化したRDAを取り付けたら、後はコットンを詰めるだけ。

f:id:hrktksm:20171222043436j:plain

コットンはデッキの底に触れるか触れないかくらいの長さに調整。

使用しているコットンはWICK 'N' VAPECotton Bacon V2.0です。

リキッドの浸透がとても速く、お気に入りのコットンですね。

f:id:hrktksm:20171222043441j:plain

いつも通り、コットンにもリキッドを垂らしておきます。

f:id:hrktksm:20180106164738j:plain

吸っていてリキッドが減ってきたと感じたらシリコンボトルを押してリキッドをチャージ。簡単ですね。

出しすぎたリキッドはBFピンのホールからボトルに戻っていくため、押す強さや回数は割と適当でもOKです。

組み合わせたMODはLOST VAPE THERION BF

Maze V4と組み合わせたのはLOST VAPETHERION BF DNA75Cです。

Maze V4と見た目の相性が良いスコンカーでなおかつテクニカルMODという条件で探していた時に出会った商品です。

お値段は少々お高めですが、格好良くて使いやすいMODが欲しい人には文句無しにおすすめです。

THERION BFは、こちらの記事で詳しく紹介しています。

vapers.hatenablog.com

最後に

いかがだったでしょうか。

組み合わせるMODにもよりますが、がっつり吸っても1日程度ならばリキッドチャージの心配が要りません。

アトマイザーを複数所有していて、常用したいRDAとリキッドが決まっている人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

それではまた。