VAPERS

喫煙者と非喫煙者が書く電子タバコVAPEのレビューブログです。

おすすめの記事:バッテリー交換や出力調整も可能なテクニカルチューブ「UWELL Nunchaku(ヌンチャク) MOD」レビュー
値段以上!大満足の爆煙系アトマイザー「DEAD RABBIT RDA 24mm」レビュー
VAPEデビューにおすすめな最新定番セット「ピコレボ21700スターターキット」レビュー
お気に入りのRDAをBF(ボトムフィーダー)化して、美味しさと大容量を両立しよう
ビルドに必要な物まとめ。COIL MASTERのツールだけ買っておけば間違いない!
アトマイザーの洗浄・メンテナンス方法
【2017年】2人が選んだ今年吸って美味しかったおすすめリキッド3選!

好きなMODをスコンカー化!Cthulhu「Squonk Genius Adapter」レビュー

内部にリキッドを貯めておくボトルを備えたスコンカーMODはたいへん便利です。

f:id:hrktksm:20180118182033j:plain

プッシュするだけでアトマイザーにリキッドを供給することが可能で、人をダメにすると称されるほど。

しかしスコンカーで「これだ!」と気に入るMODが見つからないという人も多いのではないでしょうか。

特にテクニカルのスコンカーMODは選択肢がかなり少ないですよね。

本日はそんな悩みを解決するべく、好きなMODを簡単にスコンカー化できる便利な商品をご紹介します。

Cthulhu Squonk Genius Adapter

今回ご紹介するのがCthulhu(クトゥルフ)Squonk Genius Adapterです。

アトマイザーとMODの間に挟むことで手軽にスコンカー化できるアダプターです。

リキッドの保持量は7.1mlとなっており、クリアロやRTAのタンクよりも遥かに大容量のリキッドを貯めておけます。

ブラックとシルバーの2色があり、私はブラックを購入しました。

こういった商品はお気に入りのMODをスコンカー化できることが最大の魅力ですね。

スコンカーMODは大型の商品も多く、手の小さい人には扱いにくい傾向がありますが、アダプターならばコンパクトなMODとも組み合わせられます。

実機レビュー

それでは実物を見ていきましょう。

Cthulhu Squonk Genius Adapter パッケージCthulhuのロゴが描かれたミニポーチ

缶ボトルのようなパッケージを開けると、付属品と一緒にポーチに収納されていました。

ベロアのような材質のポーチは見た目も可愛いので何かに活用したいところ。
18650バッテリーでも入れて持ち歩こうかな。

Cthulhu Squonk Genius AdapterCthulhu Squonk Genius Adapter 付属品

内容品は以下。

  • Cthulhu Squonk Genius Adapter本体
  • 交換用シリコンチューブ(ライムグリーン)
  • 交換用Oリング類
  • ポーチ
  • マニュアル

交換用シリコンチューブは薄い青緑色です。

もともと取り付けられている白系のシリコンチューブの方が色々なアトマ・MODと合わせやすそうですね。

Cthulhu Squonk Genius Adapter マニュアル(表面)Cthulhu Squonk Genius Adapter マニュアル(裏面)

マニュアルには日本語も書かれていますが、特に説明が必要な内容も無いので非常に簡素です。

細かく分解できるので洗浄も楽ちん

本体を詳しく見ていきましょう。

Cthulhu Squonk Genius Adapter 保護キャップ分解Cthulhu Squonk Genius Adapter リキッド開口部
上部からリキッドチャージする構造

上部に取り付けられていた保護キャップを外してみました。

天面側は直径24.5mmとなっており、大型のアトマイザーとの相性が良さそうです。

ポジティブピン

ポジティブピンもしっかりと飛び出しており、ハイブリッド接続のメカニカルMODと組み合わせる際にも安心して使用できます。

Cthulhu Squonk Genius Adapterを3パーツに分解Cthulhu Squonk Genius Adapter チューブ部分Cthulhu Squonk Genius Adapter チューブ部を分解
細かい単位まで分解可能

かなり細かい単位までパーツを分解可能なので、洗浄やメンテは非常に簡単です。

バラして水洗いしても良いですし、アトマイザーと一緒に超音波洗浄機に放り込んでもOKですよ。

リキッドチャージもスコンカーMODより簡単!

それでは使ってみましょう。

上部の開口部にボトル先端を挿入してリキッドチャージタンクの6割ほどまでリキッドを注いだ
上部からリキッドチャージ

上部からリキッドを注いでいきます。

スコンクボトルの取り外しやリフィルボトルの利用等、スコンカーMODで一般的な作業が不要という点もCthulhuのアダプターの魅力ですね。

蓋がスポイトになっているタイプのボトルだと先端が入らない場合もあるので、ユニコーンボトルに移しておくと作業がしやすいですよ。

vapers.hatenablog.com

BFピンを取り付けたアトマイザーBFピンを取り付けたアトマイザーを載せた
BF対応のアトマイザーを載せればスコンカー化完了

リキッドをチャージしたら、あとはBF(ボトムフィーダー)対応のアトマイザーを載せるだけです。

最初からBFピンが付いたアトマもありますが、基本的には「通常のコンタクトピンを付属のBFピンに交換」という作業が必要になります。

BFピンの交換作業についてはこちらの記事をご覧ください。

vapers.hatenablog.com

MOD・アトマとの組み合わせ例

これまではTherion BFというスコンカーMODを主に使用してきましたが、サイズが大きいのでどうしても使い手を選びます。

vapers.hatenablog.com

それに比べ、今回紹介したCthulhuのアダプターならば好きなMODをスコンカーとして利用できます。

組み合わせの例をお見せしましょう。

SINUOUS P80・HELLVAPE Dead Rabbit SQ

HELLVAPE Dead Rabbit SQと組み合わせSINUOUS P80・HELLVAPE Dead Rabbit SQと組み合わせ
22mm径のアトマイザーとの組み合わせ例

MODにSINUOUS P80、アトマに22mm径HELLVAPEのDead Rabbit SQという組み合わせです。

アダプター天面の直径が24.5mmなので多少段差はできてしまいますね。

それに対し、MODにはなかなか似合っているように感じます。

アダプターを間に挟むことになるので、もともと高さのあるMODとの相性は良いですね。

CKS STRIDE・Desire Mad Dog RDA

Desire Mad Dog RDAと組み合わせCKS STRIDE・Desire Mad Dog RDAと組み合わせ
24mm径のアトマイザーとの組み合わせ例

同じく縦に長いMODということでSTRIDEにも合いますね。

24mm径の黒色系アトマイザーを載せた雰囲気を見てみたいという理由でMad Dogを載せていますが、BFには対応していませんのでご注意を。

dotmod Petri MOD・RDA

dotmod Petri MOD+RDAと組み合わせdotmod Petri MOD+RDAと組み合わせて握っている
dotmod Petri MOD+RDA

アダプターを使えばチューブMODをスコンカー化して利用なんてことも可能です。

22mm径のチューブMOD・アトマの組み合わせなのでちぐはぐな印象を受けますが、24mm径ならば綺麗にまとまりそうですね。

ちなみにdotmodの22mm径RDAもMad Dog同様にBF非対応ですが、24mm径のRDAはBF対応ですよ。

リキッド漏れも無く、使用感は良好

やはりスコンカーの使い勝手の良さは最高ですね。

指でボトルをプッシュするだけで、アトマへのリキッドチャージが簡単に行なえる便利さは病みつきになります。

使用中にリキッドが漏れてくることも無く、既存のMOD・アトマの間に挟むだけでこの便利さを実現できるのは嬉しいですね。

参考までに、アトマへリキッドが供給される様子を動画で撮影してみました。(リキッドが出てくる状態がわかりやすいよう、コットンは抜いています。)

www.youtube.com

スコンカーデビューにもおすすめ

「便利そうだなぁ」と軽い気持ちでポチった商品ですが、実際に使用してみて便利さに感動しました。

スコンカーMODを新たに買うよりも安価ですし、何より「好きなMODと組み合わせられる」という点は大きな魅力ですね。

テクニカルでスコンカーで小型のMODが欲しいなんて贅沢な悩みも、Cthulhuのアダプターがあれば叶えられます。

アダプターへのリキッド補充も、一般的なスコンカーMODに比べると遥かに手軽なので、スコンカーデビューにもおすすめの商品です。

スコンカーを試してみたいと考えていた人は、ぜひチェックしてみてください。