VAPERS

喫煙者と非喫煙者が書く電子タバコVAPEのレビューブログです。

おすすめの記事:簡単ビルド&濃厚ミストで入門にも最適!「VANDY VAPE Berserker MTL RTA」レビュー
値段以上!大満足の爆煙系アトマイザー「DEAD RABBIT RDA 24mm」レビュー
VAPEデビューにおすすめな最新定番セット「ピコレボ21700スターターキット」レビュー
お気に入りのRDAをBF(ボトムフィーダー)化して、美味しさと大容量を両立しよう
ビルドに必要な物まとめ。COIL MASTERのツールだけ買っておけば間違いない!
アトマイザーの洗浄・メンテナンス方法
【2017年】2人が選んだ今年吸って美味しかったおすすめリキッド3選!

安全機構を備え、メカスコデビューに最適!「Wotofo NUDGE BF mech BOX MOD」レビュー

さて、今回はVAPERS初のメカニカルスコンカーMOD(メカスコ)のご紹介です。

知識を持ったうえでの使用が大前提となるメカニカルMODではありますが、今回ご紹介するのはその中でも初めてメカスコを使う方にオススメな機種になります。

あくまで「メカニカルMODを使ってみたいと考えて、正しい知識を身に着けてきた人が最初に手を出すならこのMODをおすすめする」というだけですので、初心者の方は絶対に手を出さないようにしましょう。

メカニカルMODを使用するうえでの注意

まずはメカニカルMODについて、使用上の注意をお伝えしておきます。

メカニカルMODは保護回路・制御基板が無く、バッテリーの電気を通すためだけの箱・筒となります。

初心者が知識の無い状態で扱うのはたいへん危険で、最悪の場合には爆発事故にもつながります。

ある程度の知識、経験が必要になりますので、購入・使用する場合には十分な注意を払ってください。

インターネットで調べるだけでなく、VAPE専門ショップ等で知識のある人から講習を受けることをオススメします。

また、ビルドをする際には必ずオームメーターを使ってビルドを行ってください。

スコンカーMODとは

本日ご紹介するのはスコンカーMODと呼ばれる商品です。

リキッドを貯めておけるボトルを備えたMODのことで、BF(ボトムフィーダー)対応のアトマイザーと組み合わせることで、下からリキッドを吸い上げることが出来ます。

タンク付きのアトマイザー単体よりも、遥かに大容量のリキッドを持ち歩ける点が魅力です。

また、スコンカーMODの中にも、テクニカルとメカニカルの2種類がそれぞれ存在します。

うぃるさんが以前に紹介した「LOST VAPE THERION BF DNA75C」は、制御基板のついたテクニカルMODですね。

vapers.hatenablog.com

それに対し今回ご紹介するのは制御基板の無いメカニカルMODになります。

Wotofo NUDGE BF mech BOX MOD

今回購入し、ご紹介するのが「Wotofo NUDGE BF mech BOX MOD(ナッジMOD)」です。

f:id:vestige1226:20180309202419j:plain

オフィスエッジさんにてパッケージなしの訳あり品を購入したので、価格が2,980円と大変安価に入手できました。

実際のパッケージは全体的にグリーンが目を引くパッケージのようですね。

実機レビュー

f:id:vestige1226:20180309201857j:plain

本体はシックなブラックのボディで、パネルにはカーボン調のデザインが施されています。

それでは付属品から見ていきます。

付属品

f:id:vestige1226:20180309202633j:plain

付属品は以下の通り。

  • ナッジMOD 本体
  • スコンカーボトル(本体に収納)
  • ボトル用パーツ(シリコンタンク・予備チューブ)
  • 予備ヒューズ×4
  • ユーザーマニュアル

マニュアル自体には日本語の表記はありませんが、簡単な注意書きと図面が記載されておりますので、見れば大体のことは把握できます。

本体詳細

f:id:vestige1226:20180309203549j:plainf:id:vestige1226:20180309203820j:plain
  • サイズ H 74×W49×D24mm
  • スレッド 510(スプリングコンタクト)
  • バッテリー 18650
  • BFボトル容量 7ml
  • ロック機構 パフボタンを回転させてロック
  • 本体素材 プラスチック

プラスコ(プラスチックスコンカー)と呼ばれる通り、本体素材はプラスチック製ですのでとても軽いです。

全体的にキレイに作られていて、クオリティはかなり高いと感じました。

f:id:vestige1226:20180309203554j:plain

本体底にはWOTOFOのプレートが装飾品として付けられています。

全体的に黒とゴールドでまとめられたシンプルなデザインですね。

MODの厚みは24mmとなっており、24mm径のアトマイザーまでは違和感なく載せられます。

ロック機構付きのパフボタン

f:id:vestige1226:20180309203824j:plain

ナッジのパフボタンにはロック機構が備わっています。

パフボタン部分を時計回りに回してロック逆方向に回してロック解除になります。

構造がシンプルになりがちなメカニカルMODですが、ロック機構が付いているのは安心感があって良いですね。

とは言え、持ち運び時には必ずバッテリーを取り外しましょう。

サイズ感

f:id:vestige1226:20180309204244j:plainf:id:vestige1226:20180309204249j:plain

定番のテクニカルMOD、iStick Picoとサイズの比較です。

Picoよりも気持ち一回り大きいですが、スコンカーMODとしてはかなりコンパクトな機種なので、持った感じも違和感が無くて握りやすいです。

最大の特徴「安全装置」

f:id:vestige1226:20180309210253j:plainf:id:vestige1226:20180309210257j:plain

パネルはマグネットで固定されています。

中身は比較的に簡単な構造ですが、最大の特徴は安全装置のヒューズが取り付けられている点。

許容限界を超える電流が通ると、ヒューズが飛んで通電が切れる仕様になっています。

ヒューズは30Aのものが付属しておりますが、このヒューズがバンバン飛んでしまうなんてことが無いよう、危険なセッティングでの使用は避けてくださいね。

スコンカーボトル

f:id:vestige1226:20180309210711j:plain

ボトルは一般的なボトルと同様です。

シリコンボトルを金属パーツで固定した仕様ですね。

比較的ソフトなので使いやすい硬さだと思います。

使ってみた

f:id:vestige1226:20180309211124j:plain

さて、実際に使っていきましょう。

バッテリーの向きが本体には入っていませんが上がマイナス極、下がプラス極です。

入れる際はご注意ください。

f:id:vestige1226:20180309211220j:plain

NIXON RDTAと組み合わせてみた

24mmまで載せられるナッジですが、私は22mm径のコンパクトなRDTAであるNIXON(ニクソン)を組み合わせて運用しています。

ちなみに、写真で伝わるかわかりませんがトップキャップをがっつり磨いてビカビカにしてあります笑

ニクソンの記事はこちらから。

vapers.hatenablog.com

ニクソンはトップキャップが回しにくいので、キャップを外してリキッドチャージするのが手間なんですよね。

その欠点も、ボトルを押すだけで下からリキッドチャージが可能なBF MODと組み合わせれば全く問題になりません。

どんなアトマもBF化すれば便利にはなりますが、中でもニクソンはBF化で構造上の欠点までカバーされるので相性抜群です。

vapers.hatenablog.com

バッテリーリボンが無い!

軽くてロックもしっかりかかるので使い勝手としては申し分ないと感じているナッジですが、どうしても気になるポイントが1点存在します。

こちらの写真をご覧ください。

f:id:vestige1226:20180309212620j:plain

お気付きでしょうか?

この機種バッテリーリボンが付いてないんです!

バッテリーリボンとは、バッテリー入れの下にペロンと伸びている紐のことで、引っ張るだけでバッテリーを外せるという役割があります。

そんなバッテリーリボンが、このナッジには付いていません。

バッテリーを入れるとぎちぎちになってしまうので、リボンが無いとバッテリーの交換が非常にやりにくいのです。

これが付いていれば個人的には満点の機種なのですが…

なにか自分でリボンをつけたりと加工をしちゃえば問題はなさそうですが、ホントに惜しい点だと思います。

最後に

バッテリーリボンが付いていない点こそ気になったものの、その点以外は文句無しのメカスコです。

サイズ感がちょうど良く、シックなデザインにより色々なアトマと組み合わせやすい点もグッド。

さらにメカニカルMODでありながらヒューズやロックなどの安全機構も備えており、メカニカルに手を出してみたいと考えている人には是非おすすめしたい機種です。

値段もお手頃ですので、メカニカルMODを検討されていた方はこのナッジでデビューしてみてはいかがでしょうか。

ただし冒頭でも書きましたが、正しい知識を持っていない状態でのメカニカルMODの使用はたいへん危険です。

購入・使用される前には、「これ以上無い」と自信を持って言えるくらいに調べておくことを推奨します。

それでは。