VAPERS

喫煙者と非喫煙者が書く電子タバコVAPEのレビューブログです。

おすすめの記事:バッテリー交換や出力調整も可能なテクニカルチューブ「UWELL Nunchaku(ヌンチャク) MOD」レビュー
値段以上!大満足の爆煙系アトマイザー「DEAD RABBIT RDA 24mm」レビュー
VAPEデビューにおすすめな最新定番セット「ピコレボ21700スターターキット」レビュー
お気に入りのRDAをBF(ボトムフィーダー)化して、美味しさと大容量を両立しよう
ビルドに必要な物まとめ。COIL MASTERのツールだけ買っておけば間違いない!
アトマイザーの洗浄・メンテナンス方法
【2017年】2人が選んだ今年吸って美味しかったおすすめリキッド3選!
女性のVAPE入門にもおすすめ。爆煙スターターキット「Aspire K4」レビュー

【ARCHORDS JAPAN "ONE" のレビュー】 日本語対応のメニューが特徴的なバッテリー内蔵型MOD

ARCHORDS JAPANONEデザイン、操作性どちらも非常に洗練された、VAPE初心者の人におすすめしたいMODです。

VAPERSブログでは過去にARCHORDS JAPANの製品を2品レビューしてまいりました。

それぞれアトマイザー(Royal Crown RDA)、リキッド(Dope Muscat Tobacco)となっており、そのどちらもがはっきりした特徴を持った良い商品でした。

vapers.hatenablog.com

vapers.hatenablog.com

今回いよいよ待望のMODがリリースされました。

その名も「ONE」です。

商品のご提供はベプログショップ様です、いつもありがとうございます。

本商品は説明書だけではなく、本体のメニュー表示からして日本語化がされており、英語がイマイチ苦手という方でも非常にわかりやすい作りになっています。

その他大容量の内蔵バッテリー、タッチパネル式の画面操作、アトマイザーは25mm径まで対応、充電はUSB-Cといったところが特徴になっています。

後はデザインですね、非常にシンプルですが、どんなアトマイザーにも合うような汎用性の高い仕上がりになっています。

本レビューでは以下のような流れでONEの商品紹介をしていきます。

  • ONEの製品概要
  • ONEを実際に使ってみた
  • まとめ

ONEの製品概要

f:id:mahito-t:20201009143140j:plain
ONE単体の様子

ONEの外観は上記の写真のようになっております。

背面はラウンド加工されており、角ばっていないので非常に持ちやすいです。

表面の黒い部分はツルッとした手触りではなく、やや持った時にひっかかりを覚える質感になっています。

これはMODの落下防止に一役買ってくれそうで、なんとも気が利いているなと感じられました。

f:id:mahito-t:20201009143156j:plain
Dead Rabbit V2を載せてみました

本体の色が黒とシルバーの組み合わせなので、上に乗せるアトマイザーは黒か銀色であれば大体相性がいいのではないかと思います。

本商品には充電用のUSB-Cケーブルと日本語の説明書が同梱されています。

むしろ英語が書かれていないので違和感を覚えるレベルです。

このあたり流石日本のアルコーズジャパンだと感じさせられますね。

さて商品のスペックについて以下にリストを書き出します。

  • 外形寸法:高さ71.2mm×幅40mm×奥行き25mm
  • 操作方法:タッチパネル、パフボタン
  • バッテリー容量:3000mAh
  • 最大出力(W):80W
  • 最大出力(V):6.0V
  • 最大抵抗値:2.0Ω
  • 最小抵抗値:0.1Ω
  • 本体素材:亜鉛合金、アルミニウム合金
  • 対応出力電流(充電器):2.0Aまで対応(急速充電対応)
  • アトマイザー対応サイズ:25mmまで対応
  • 搭載モード:Wモード、Vモード、初心者モード
  • その他:カラー変更モード(6色)

このようになっています。

電源のオンオフについてですが、パフボタンの3回早押しになっています。

他のMODと違って5回連続プッシュではないので注意するようにしてください。

\AJ ONE/
ベプログで詳細をみるにはこちらをクリック

\AJ ONE/
ベプログで詳細をみるにはこちらをクリック

ONEを実際に使ってみた

それでは早速実際にビルドをしてONEの使い勝手を見ていきます。

まずはWモードから。

f:id:mahito-t:20201009145400j:plain
Wモード使用時

ワッテージが1W〜80Wの間で自由に変えられる、多分テクニカルMODを使う人にとっては一番馴染み深いモードではないかと思います。

ここで地味に気に入った点がありました。

タッチパネルの感度がめっちゃいいです。

筆者は他にもタッチパネル式のMODをいくつか所有しているのですが、ここまで操作感がいいのは(筆者の環境においては)初めてでした。

タッチしても反応がないですとか、何回もスライド操作をしなくてはならないなどといったストレスが殆どありません。

このあたりもかなり作り込まれていますね。

では次にVモードを見ていきます。

f:id:mahito-t:20201009145938j:plain
Vモード使用時

Vモードを使用するとこんな感じになります。

電圧の強さを1V〜6Vの間で自由に変更することが可能です。

最も上限が80Wまでなので、低抵抗だと設定できるV数に限界はありますが、安全面を考えるとこれは当たり前の仕様ですね。

次はレベルモード、初心者の方におすすめのモードです。

f:id:mahito-t:20201009150337j:plain
レベルモード設定時

弱、中、強の三段階から好みに応じて煙量や味の調整が出来ます。

弱は15WでMTL向け、中は25Wでやや抑えめに炊きたい時向け、強は40Wなので軽めのDL向けといったような感じになっています。

最後にカラー調整について触れておきます。

ONEはディスプレイの文字カラーを赤、ピンク、緑、青、紫、白の6色から選ぶことが可能となっています。

例えば赤にするとこんな感じです。

f:id:mahito-t:20201009150745j:plain
ディスプレイ設定赤

こういった細かい所のカスタマイズができるのも嬉しい点ですね。

まとめ

ARCHORDS JAPANのONEは非常に癖がなく使いやすいMODです。

内蔵電池である点をデメリットと感じる方も多いでしょうが、個人的にはかなりのグッドルッキングに仕上がっている点も含めて、メリットのほうが多いと感じております。

操作性についても非常に使いやすいので、PODからVAPEの世界にハマって、MODに手を出したいという方にも非常におすすめの一台になっています。

初心者向けとしてはうってつけの一台だと自信を持っておすすめしたいです。

コンスタントにクオリティの高い商品を出してくるアルコーズジャパン恐るべしですね。

\AJ ONE/
ベプログで詳細をみるにはこちらをクリック