VAPERS

喫煙者と非喫煙者が書く電子タバコVAPEのレビューブログです。

おすすめの記事:バッテリー交換や出力調整も可能なテクニカルチューブ「UWELL Nunchaku(ヌンチャク) MOD」レビュー
値段以上!大満足の爆煙系アトマイザー「DEAD RABBIT RDA 24mm」レビュー
VAPEデビューにおすすめな最新定番セット「ピコレボ21700スターターキット」レビュー
お気に入りのRDAをBF(ボトムフィーダー)化して、美味しさと大容量を両立しよう
ビルドに必要な物まとめ。COIL MASTERのツールだけ買っておけば間違いない!
アトマイザーの洗浄・メンテナンス方法
【2017年】2人が選んだ今年吸って美味しかったおすすめリキッド3選!

最高に格好良いテクニカル・スコンカーMOD「LOST VAPE THERION BF DNA75C」レビュー

以前に書いたこちらの記事では、組み合わせたスコンカーMODをヒミツにしていました。

vapers.hatenablog.com

本日は、BF(ボトムフィーダー)化したMaze V4と組み合わせたMODをご紹介します。

スコンカーMODとは

商品の前に、用語の解説をしておきましょう。

本日ご紹介するのはスコンカーMODと呼ばれる商品です。

リキッドを貯めておけるボトルを備えたMODのことで、BF対応アトマイザーと組み合わせることで下からリキッドを吸い上げることが出来ます。

タンク付きのアトマイザー単体よりも遥かに大容量のリキッドを持ち歩ける点が魅力です。

LOST VAPE THERION BF DNA75C

私が購入したのはLOST VAPETHERION BF DNA75Cです。

価格は16,000円ほどの高級MODですね。

商品名に含まれているDNA75Cとは搭載されているevolv社の基盤の名称です。

MOD選びで重視した点は以下の3つ。

  • Maze V4に似合う見た目
  • スコンカー対応
  • テクニカルMOD

これらの基準を全て満たしてくれていたのがTHERION BFです。

お値段はちょっと高かったものの、当ブログVAPERSが目標としていた月間PV数を超えたこともあって自分へのご褒美として「えいっ!」とポチってしまいました。

実機レビュー

THERION BFにはシルバーフレームとブラックフレームの2色が存在します。

私はMaze V4に合わせてシルバーを購入しました。

f:id:hrktksm:20180111084939j:plain

外箱からも高級感に満ち溢れています。

f:id:hrktksm:20180111084945j:plain

箱を開いたら本体とご対面です。

アタッシュケースに収納された拳銃のような重厚感が漂っています。

渋くて格好良いですねぇ…!!

LOST VAPE THERION BF DNA75Cの内容品は以下。

  • LOST VAPE THERION BF DNA75C本体
  • マニュアル
  • ワランティカード
  • Micro USBケーブル
  • リフィルボトル
  • リフィルボトル用スペアパーツ

マニュアル・ワランティカード日本語非対応のマニュアル
マニュアルとワランティカードが付属

マニュアルは日本語には対応していませんが、特に困ることも無いでしょう。

リフィルボトル3パーツに分解可能
リキッドチャージに役立つリフィルボトル

リフィルボトルも付属しています。

MODのスコンカーボトルを外さなくてもリキッドチャージを出来るようにしてくれるアイテムです。

リフィルボトルとスペアパーツMicro USBケーブル
リフィルボトル・Micro USBケーブル

そのほか、リフィルボトル注ぎ口のシリコンパーツの予備とMicro USBケーブルが付属しています。

本体を見ていきましょう。

Lost Vape THERION BF DNA75CLost Vape THERION BF DNA75C(斜め上から)
Lost Vape THERION BF DNA75C

どこから見ても格好良いですね。

画面上部の八角形のボタンがパフボタン、下部の3ボタンがそれぞれ上移動・決定・下移動となっています。

アトマイザー取り付け部分
アトマイザー取り付け部分

アトマイザー取り付け部分は510スレッドになっています。

七芒星のようなマークと、THERION BF -DNA75C-の刻印が最高にクールです。

美しい発色の液晶画面と押し心地の良いボタン

パフボタンを5クリックで電源ON・OFFを切り替えられます。

f:id:hrktksm:20180118155208j:plain

カラー液晶が色鮮やかで、視認性が高いです。

ボタンの押し心地はカチカチとした硬い感触ではなく、エアパッキン(プチプチの緩衝材)をプチっと潰した時のような心地よい感触です。

無限プチプチって使ったこと無いですけどこんな感触なのかも。

THERION BFセットアップ

THERION BFを使えるよう、バッテリーとリキッドをセットしましょう。

f:id:hrktksm:20180111085047j:plain

カバーはマグネットで固定されており、引っ張るだけで簡単に外せます。

ちなみにカバー部分にはレザーを使用されており、チープさは全くありません。

f:id:hrktksm:20180111085113j:plain

ボトルとバッテリー部の仕切りパーツはただ挟まっているだけです。

THERION BFにバッテリーを取り付けプラスチック製の仕切りを挿入
バッテリーと仕切りを取り付け

18650バッテリーを取り付けたら仕切りを挟みます。

バッテリーは付属していませんので、余っていない人は一緒に買っておきましょう。

続いてスコンカーボトルを見てみましょう。

THERION BF用スコンカーボトルTHERION BF用スコンカーボトル(キャップを外したところ)
スコンカーボトル

MODからチューブごと取り外せるので洗浄は楽ですね。

実はこの点は、スコンカーMOD選びにおいて地味に重要なポイントです。

アトマイザーと同じメーカーであるHcigarVT inboxも気になっていたのですが、こちらはMODからチューブが取り外せないため購入候補から外れました。

話を戻して、THERION BFのスコンカーボトルについて。

f:id:hrktksm:20180118182617j:plain

スコンカーボトル単体でリキッドを7ml保持できます。

BF対応のRDTAであるNIXONと組み合わせれば、アトマイザーのタンクと合わせて9mlもの大容量をまとめて持ち歩けます。

vapers.hatenablog.com

キャップの中を通っているチューブは位置をずらしたり外すことも可能です。

長すぎると折れ曲がってしまうちょうど良い長さ
チューブが折れないように調整

MODへの取付時には、ボトルからの飛び出し量を調整し、チューブが極端に折れ曲がらないようにしましょう。

チューブが折れているとリキッドの供給に支障が出たり、リキッドが漏れる原因ともなります。

リフィルボトルでもチャージ可能

スコンカーボトルを外して直接リキッドを入れる以外にも、付属のリフィルボトルを使えばスコンカーボトルを外すことなくリキッドチャージが可能です。

それでは、リフィルボトルでのチャージ方法をご説明しましょう。

まずはスコンカーボトルのリングを回して、空気の通り道を確保しておきます。

エアホール開エアホール閉
左:エアホール開・右:エアホール閉

リングの丸い穴と切り欠きを合わせると空気が通ります。

f:id:hrktksm:20180118172554j:plainf:id:hrktksm:20180118172548j:plain
リフィルボトルでリキッドチャージ

リフィルボトルにはネジが切られているので、くるくると回してMODに固定できます。

あとはそのまま押し出せば、スコンカーボトルにリキッドが注入されます。

最後に、スコンカーボトルのリングを回してエアホールを閉じるのをお忘れなく

Maze V4と組み合わせてみた

リキッドのチャージも完了しましたので、Maze V4を載せてみました。

f:id:hrktksm:20180111085306j:plainf:id:hrktksm:20180118182007j:plain
THERION BF×Maze V4

もう大満足の格好良さです。

この見た目だけでも買って良かったと満足できます。

もちろん外見だけではなく、使い勝手も最高ですね。

f:id:hrktksm:20180106164738j:plain

味が薄くなってきたかな?と感じたら、ボトルを押してリキッドチャージ。

めちゃくちゃ簡単です。

サイズは大きめ

見た目・使い勝手・質感と、あらゆる面で満足しているTHERION BFですが、誰にでもおすすめはしません。

価格もその理由の1つですが、最大の理由はその大きさ

基盤を組み込んであるテクニカルMODで、更にボトルを内蔵しているスコンカーMODですので、サイズは結構大きめですね。

他のMODと比較してみましょう。

左:Pico・中央:STRIDE・右:THERION BF
左:Pico・中央:STRIDE・右:THERION BF

手の小さい人はもちろんですが、そうでなくてもこのサイズはちょっと使いにくく感じるかもしれません。

最後に

これまでに購入した中でも最も高価なMODではありますが、その価格以上に大きな満足感を得られました。

購入して以来、私の普段使い機として大活躍しています。

サイズが大きめだとは言いましたが、個人的には全く気になっていないということですね。

f:id:hrktksm:20180118182033j:plain

手にしっくりと馴染みますし、何よりも、使っていてとてもワクワクしてきます。

定番のMODを使っていて、ステップアップとして新たな機種を探している人がいましたら、ぜひチェックしてみてください。

それではまた。