酔いしれる美味しさ 小江戸工房「Coē de Sex on the Beach」レビュー

皆様お酒はお好きですか?

私はビールにハイボール、ワインに日本酒やウイスキー等、一通り飲める程度には好きです。

特に甘ったるいカクテルなど、酔いが回った頃にちびちび飲むのがたまりません。

今回はそんな甘美なカクテルをイメージしたリキッドを見つけたので紹介したいと思います。

f:id:weakrainit:20170909133850j:plain

リキッド概要

日本メーカー、小江戸工房Coē de Sex on the Beach

ウォッカベースのカクテル、セックスオンザビーチをイメージしたリキッドです。

フレーバーはクランベリージュースをベースにピーチ、パインをブレンド

レシピが複数あることでも有名なセックスオンザビーチですが、美味しそうな組み合わせですね。

20歳を越えお酒に対して興味が出てきた頃、初めてその名を聞いてなんだそのスケベな酒は…とめっちゃ気になったのを思い出します。

調べたところ甘くて口当たりが良く飲みやすいため、ビーチで女性を口説く時に最適なお酒だから、等が由来らしいです。

カシスオレンジやカルーアミルクと似たようなもんですかね。

そのままホテルにお持ち帰り、ではなくセックス!オンザビーチ!って辺りネーミングセンス半端無いと思う。

ボトルを見て行きましょう。

f:id:weakrainit:20170909114353j:plain

30mlの手頃なサイズのユニコーンボトル

1600円でコスパも良さげ。

ラベルにはフレーバー元の果物と天守閣のような建物が墨で描かれており和風なデザインとなっています。

メーカー名の小江戸をイメージしているんでしょうね。かっこいい。

f:id:weakrainit:20170909114401j:plain

キャップはチャイルドプルーフ式

外キャップがスケルトンなため、ラベルと同色の内キャップが透けて見えてオシャレですよね。

VG/PG比率は50/50でサラっとしています。

タンク系でもしっかりと配給してくれますね。

感想

いっちー

リキッドの香りはピーチベースのドリンクと似ています。桃の天然水とか。

吸ってみたところ、味と香りはベリー、ピーチ、パインのミックスジュースのようで個々が独立したものでは無いです。

甘みと酸味のバランスが非常に良く、弱めのメンソールで後味もスッキリとしています。

要は吸いやすい上にめっちゃ美味しい。

ウォッカベースのカクテルが元ということで、お酒の独特な風味も再現されているのかな?

と思いましたがそんなことはなく、普通にフルーツ系リキッドとして万人にオススメできる味わいです。

うぃる

リキッドを直接嗅ぐと、濃い桃の香りにうっすらとパインの影が見え隠れするような印象を受けました。

桃の香りに関しては、ドリンクよりもガムが連想されるくらいには強いですね。

香りは濃いですが決して不快なものではなく、むしろその逆

そのままリキッドを舐めたくなるくらいに凝縮されたフルーティな香りです。

PicoにFireflyを載せて吸ってみた結果ですが、本当にフルーツのカクテルを飲んでいるかのように錯覚しました。

直接嗅いだ際には桃が主役でパインが脇役、その他の香りがオマケでふわっと漂ってくる程度でしたが、吸ってみるとそれぞれのパワーバランスが大きく変化します。

どの香りが強い・弱いといった感覚自体が無くなり、綺麗に混ざり合って1つの新たな味になっている印象ですね。

Wattageを30~40Wに設定するとメンソールが際立ち、よりスッキリと吸うことが出来ます。

逆に20W程度に落とすとメンソール感はほとんど無くなりました。

私としては30~40Wで、甘酸っぱいフルーツの味・香りとメンソールによるすっきり感を両立させるのが最も美味しい吸い方だと感じました。

これまで吸ってきたフルーツ系リキッドの中でもかなりの上位に食い込むほど、このSex on the Beachはハマりました。

文句なしにおすすめです。

最後に

フルーツの味1つ1つが主張し過ぎることもなく、他の味に隠れることもなく3種とも良い具合にまとまっており

メンソールも強すぎず弱すぎず、心地のよい清涼感がある等々、味わい全てが絶妙なバランスのリキッドでした。

日本人好みの繊細な味付けって感じです。

大味でインパクトの強い海外メーカーのリキッドばかり吸っていたので「こういうリキッドもアリだな…」と感心してしまいました。

フルーツ系のリキッドが好きな方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

それではまた。